CKDがもたらす
『高リン血症』って?

自分の血清リンの値を知ろう!CKD(慢性腎臓病)の患者さんは、高リン血症の可能性があります。
CKDが悪化すると、末期腎不全に移行するのと並行して高リン血症があらわれます。高リン血症は腎機能が低下することによりリンが排泄できなくなり体内に溜まる病態のことであり、この異常はステージG3より始まるといわれています。自分のCKDステージを再度確認し、早期発見・早期治療のために、血清リンを測定するよう心がけましょう。
高リン血症は検査が必要です。
健康診断Checkに
あなたの検査結果を入力・印刷
して病院で検査を受けましょう!

高リン血症とは?

腎臓の機能が低下すると、リンの排泄ができなくなり、徐々に体内に溜まって高リン血症となります。
高リン血症はそれ自体自覚症状はありませんが、高リン状態が続くことにより、骨がもろくなったり、骨ではないところに石灰化を起こして心筋梗塞や脳卒中といった深刻な事態につながります。CKDの患者さんは日頃から血清リンの値に注意を払い、異常が出たらすぐに食事療法やリン吸着薬の服用により、リンの値を基準値内にコントロールすることが大切になります。
高リン血症管理
CKD患者における血清リン濃度管理の目安
日本透析医学会:慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常の診療ガイドライン, 透析会誌45(4): 301-356, 2012

リンとは?
リンはヒトの十大元素の1つで、生体内で6番目に多い元素といわれており、体重の約1%、700~800g存在します。リンの働きとしては、エネルギーの運搬を行ったり、細胞膜の構成成分となったりします。また、カルシウムとともに骨の主要な成分となり、骨を強く硬くしています。
  高リン血症の原因は?
食物摂取により体内に入ったリンは、一部が腸で吸収され、残りは便と一緒に体外に排泄されます。健康な人の場合、吸収されたリンと同量のリンが腎臓から尿へ排泄されるので、体内にリンが溜まることはありません。ところが、腎臓の機能が低下すると、吸収したリンを尿へ排泄することができず、体内に溜まって高リン血症となります。
高リン血症の原因は?


Last Updated:2019/09/12  PP-FOS-JP-0298-17-06